• HOME
  • 施工実績
  • 狭い施工で広範囲に鳩を追払う 電気ショックシステム

施工実績 CASE

狭い施工で広範囲に鳩を追払う 電気ショックシステム

  • 電気ショック

熊本県益城町

施工日:2020年7月27日

20羽ほどのハトが屋根に飛来して大量の糞をしていました。

解決策
電気ショックシステム/ソーラータイプの電源を使用
施工規模
延べ約15m
工期
2人×1日

一般住宅の屋根にハトが大量に飛んできていました。

 

屋根全体に忌避剤や剣山を設置するわけにはいきません・・・。

こういった場合には『電気ショックシステム』が効果を発揮します。

 

施工前です。鳩の糞が屋根にべっとりと付いていました。

まずはハトフン洗浄からです。

 

綺麗になったところで通電部の設置です。

鳩が頻繁に止まる箇所にだけ設置すればOKです。

 

ハトが通電部に触れると強めの静電気程度の痛みを感じます。

これでハトはこの屋根全体を危険地帯と学習します。

鳩にはどこが通電部で何が原因で痛みを感じるのかわからないのです。

 

電源はソーラータイプで充電するバッテリーです。電気工事が不要です。

 

ハト対策防衛隊メモ

有刺剣山や防鳥ワイヤーなど物理的にハトの飛来を防止する対策は、効果の範囲が局所的になります。

今回の事例のように広範囲に飛来を防止したい場合には現実的な対策ではありません。

 

このように広範囲に鳩被害を防止したい場合は電気ショックシステムの出番です。

 

ハトが止まりやすい建物の縁や棟などに電気が流れる通電部を設置するだけで、ハトが危険地帯と学習します。

 

取り扱いのある業者は少ないと思いますので、該当しそうだな・・・と思われるお客様はお気軽にお問い合わせください。

 

 

ハトのお悩みSOSは、
私たちハト対策防衛隊に
お任せください!

もっと詳しく知りたい、
お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

相談無料・現地調査無料・お見積り無料

相談無料
現地調査無料
お見積り無料

ハト被害SOS!
無料相談窓口

0120-810-226

【営業時間】9:00〜18:00
【休業日】 日曜日・祝日