ハトの基礎知識 BASIC

プロが徹底解説!自分でできるハト対策

プロが徹底解説!
自分でできるハト対策

更新日:2019年10月1日

監修:ハト対策防衛隊 隊長 東田 大介

被害レベルが低いうちなら自分で対策できます。
市販のグッズの効果的な設置方法を徹底解説!

1. 被害レベル別
ハト対策

初期から中期レベルなら
市販のグッズでも効果あり!

初期:ハトがたまに停留する

初期:ハトがたまに停留する

はじめは、明るい時間、ベランダの手すりなどに羽休めでとまりにきます。安全な場所だと認識すると、ベランダの中に入ってきて、仲間を待つために使うようになります。軽い騒音とフンの被害が始まります。

適切な対策を行えば、市販のグッズを使って自分で対策できる被害レベルです。

ハトが嫌がる匂い
忌避剤(スプレー)を吹きかける
ハトが嫌がる匂い忌避剤(スプレー)を吹きかける

ベランダの手すり、窓枠の上などハトがよくやってくる箇所に、集中的にスプレーします。

対策のポイント

スプレーするだけなので非常に簡単ですが、持続時間が非常に短く数時間ほどしか効果がもちません。そのため、一度使ったらそれで終わりではなく、繰り返し同じ場所に吹きかける必要があります。

鳩のフンや羽根など臭いのするものや、近くにえさ場があると、忌避剤の効果が半減します。忌避剤をスプレーする前に、必ずフンなどの汚れをきれいに落としてください。

ベランダの手すりの上に
テグスやワイヤーを設置
ベランダの手すりの上にテグスやワイヤーを設置

鳩がよくとまるベランダの手すりの上などに設置します。とまりたいのに、何かが邪魔をするというハトにとって不快な環境を作り出します。

対策のポイント

テグスの上にハトが停まったときに手すりに着いてしまわないようにある程度の高さと引っ張りが必要です。10cm以上の支柱で、テグスの両端にとりつけるスプリングがセットになったものがお勧めです。

中期:ハトが日常的に停留する

中期:ハトが日常的に停留する

ハトが安全な場所だと認識すると、明るい時間だけでなく、夕方や夜まで長時間停留するようになります。

早朝や深夜の鳴き声などの騒音と大量のフンにより、ハトの被害が大きくなってきます。

この段階ではハトの執着度はまだ低いので、ハトが停留しにくい環境を作り、フンの掃除をすれば、自分でなんとかできる可能性が高いです。

ハトのフンの清掃方法についてはこちら

室外機の上や窓際に
剣山を設置する
室外機の上や窓際に剣山を設置する

ハトの糞がよく落ちている場所を確認して下さい。その上には、室外機、給湯器や排気用ダクトなどの停留箇所があります。お気に入りの場所となっているので物理的に停まれないようにとげとげの剣山を設置します。

対策のポイント

剣山を隙間なく敷き詰める必要があります。5㎝以上の隙間があるとその隙間に停まります。

また、針の長さが10㎝以上で細くて垂直だけでなく斜め方向にも伸びた剣山をお勧めします。そうでなければ、針がしならず安定して、剣山の上に停まったり巣を作ることがあります。

ハトが嫌がる匂い
忌避剤(ジェル)を使用
ハトが嫌がる匂い忌避剤(ジェル)を使用

ハトがよく止まる場所にジェルを塗ります。匂いや辛み成分を練りこんだもの等色々な製品がありますがそれらは副次的な効果であり、基本的には踏んだ時のベトベトした感触を嫌がります。

対策のポイント

不快感を与えて「嫌な場所」だとハトに徐々に学習させます。そのため、1度では追い払えない場合はジェルを追加で塗布して、ハトが学習するまで根気強く待ちましょう。

後期:ハトが巣を作る

後期:ハトが巣を作る

安全な場所と認識して巣を作って住み着いてしまうと、帰巣本能・縄張り意識により、簡単にはハト対策ができなくなります。

この段階になると、自分でハト対策は難しくなります。ハトが卵を産んでしまうとさらに深刻になりますので、ハト対策防衛隊にご相談ください。

2. オススメしない
ハト対策

よく聞くハト対策でも
ハトが慣れてしまって効かない場合も。

磁石

方向感覚は狂っても
飛ぶことはできるので効果は薄い

屋根・屋上、建物軒先などに設置し、強力な磁石を利用して鳩の方向感覚を狂わせ、近づかせない方法です。

ワイヤーに組み込まれたタイプや装置上のタイプなど多種多様。鳩の固体差により効果は推測不能ですが、飛ぶことはできるので、ハトが寄り付かなくなるほどの効果は期待できません。

CD・擬似鳥・目玉風船

怖がるのは最初だけで
ハトが慣れてしまう

CDなどのキラキラしたものや、天敵の擬似鳥や目玉風船などの器具をベランダ、田畑などの対策箇所に設置し、視覚的作用で近づかせない方法です。

最も古典的な対策法ですが、一時的に怖がって近づかなくなることはあっても、自分に危害が無いとわかったら再び侵入して来るため、継続的な効果は期待できません。

超音波

対策箇所の状況によって
効果にばらつきがある

屋外、田畑に設置することで、人には聞こえず鳥類には作用する超音波を利用して近づかせない方法です。

科学的根拠がない上、対策箇所の状況によって効果にバラつきがあり、機器が高価な場合が多いため、オススメしていません。

また、人には聞こえないとされている超音波ですが、人によっては不快感やストレスを感じてしまう場合があるようです。

3. 大切なのは
フンの掃除

どの被害レベルでも必ず必要
放置すると弊害が発生!

フンがあるとハトは執着する?!

ハト対策に合わせて必ず必要なのは、ハトのフンの清掃です。

ハトは自分のフンがあることで、その場所を安心な場所とみなし、執着します。掃除をしないままでいると、ハトにとって居心地の良い場所になり、ますます被害が拡大してしまいます。

ハトのフンによる被害についてはこちら

掃除方法とポイント

用意するもの
  • 使い捨てマスク
  • 使い捨て手袋
  • ゴーグル
  • キッチンペーパー、新聞紙など
  • ぬるま湯(ペットボトルかバケツに入れておく)
  • 消毒用エタノール
  • ゴミ袋
掃除方法とポイント
STEP1.病原菌から自分を守る前準備

フンに含まれる病原菌を吸ったり触れたりしないよう気をつける必要があります。
マスク、手袋、ゴーグルを着用し、長袖の衣服を着て完全防備します。
また、家の窓をしっかり閉めておきましょう。

STEP2.フンをぬるま湯で湿らせる

掃き掃除をすると、乾燥したフンから病原菌が空中に舞うので、絶対にやめましょう。ぬるま湯をかけ、キッチンペーパーや新聞紙などをのせ、しばらくそのままにしてフンをふやかします。

STEP3.柔らかくなったフンを拭き取る

フンが柔らかくなったら、のせたキッチンペーパー、新聞紙を使って拭き取ります。フンが残っている場合は、再びぬるま湯をかけてこの工程を繰り返します。

STEP4.消毒をする

フンがあった部分に、消毒用エタノールを吹きかけて消毒します。

STEP5.ゴミを処分する

使い終わったキッチンペーパーや新聞紙、道具をビニール袋に捨て、しっかりと閉じます。

掃除をするのは避けて欲しい人

以下のような方は、フンの掃除をするのは避けてください。

  • 免疫力の低いお子さま、お年寄り
  • 胎児に影響が出やすい妊婦
  • 体調の優れない方
  • アレルギー体質の方

巣や卵も撤去していいの?

ハトの巣のみなら撤去できますが、卵やヒナのいる巣を無許可で撤去することは法律違反となります。

「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」により、保護されているためです。

卵やヒナがいたら、どうする?

卵を産んでしまったら個人の力で解決するのは困難になります。自治体に相談をするか、専門の駆除業者へ相談をすることで一時的な解決策がとれることがあります。

巣立ちを待つか各自治体から許可を得た上で巣を撤去して巣を作りづらい環境にする方法しかありません。

この記事の監修

ハト対策防衛隊 隊長 東田 大介

東田 大介

一般社団法人日本鳥獣被害対策協会第二期協会長。

北海道から沖縄まで全国の約50社の協会員と情報交換や勉強会を行なったり、米国BirdBarrier研修に参加し、最新のノウハウを習得。

年間約150件の施工実績あり。